多角的組織診断(TRAM)

組織の人間関係と
個人特性を可視化し、
「ヒト」にまつわる
問題を読み解く。

「多角的組織診断(TRAM/トラム)」とは、組織内の人間関係や個人のコミュニケーション特性を可視化する組織開発サービスです。

  • 01 診断テストに基づく個人のコミュニケーション特性
  • 02 統計学に基づく個人の基礎特性
  • 03 約7,200人の人材支援に基づく独自データ

この3つのデータを掛け合わせ、人間関係を読み解くことで、組織内の「ヒトの問題」を引き起こす要因を整理します。当事務所では診断テストとして、一般社団法人 HRアセスメント協会の「HRパーソナル診断」を活用しています。何気ない生活にまつわる120の質問に回答いただく形式で、日本人の特性を中心に研究・開発されたテストです。第一印象ではわからないコミュニケーションの取り方やパフォーマンスが上がる働き方、こだわりの強さなどをグラフ化することができます。

何となくの肌感覚が確信へ
根拠ある判断は組織を変える

  • 「Aさんはこんな人」
  • 「AさんよりBさんの方が活発だな」
  • 「でもBさんは新しいチームには馴染めていない気がする」

人間関係において、人は自然と相手に対し何かしらの印象を持つものです。そして、肌感覚や経験則を頼りにコミュニケーションを取りながら、人物像を鮮明にしていきながら理解を深めようとします。

でも、肌感覚や経験則だけでは判断に困ることはありませんか?

例えば…
  • ●数回、かつ短時間の面接における応募者の見極め
  • ●部署やチーム編成をする時の人員配置
  • ●異動や配置転換の人選
  • ●上司と部下の組み合わせ、相性
  • ●メンタル不調なのか、サボりなのかの見極め

また、見た目や言動だけでは判断しづらいこともありませんか?

例えば…
  • ●人間関係で悩む度合い
  • ●𠮟責や批判の受け止め方
  • ●メンタル的な強さ、弱さ
  • ●ハラスメント傾向の有無
  • ●興味関心の幅や深さ

組織の人間関係を読み解き、
働きがいのある職場環境を整える。

ヒトが集まる組織では、日常的に「ヒトにまつわる判断」が必要です。

組織を支えるのは「ヒト」であり、「ヒト」の力なくして事業は成り立ちません。

だからこそ、ひとつひとつの判断が組織の未来を左右します。

何かを判断する場面に直面した時、自信を持って向き合えていますか?

もし少しでも不安を感じるのであれば、それは「何となく」判断しているからに他なりません。

当事務所の「多角的組織診断(TRAM)」では、「何となく」を確信に変える、根拠のある判断材料をご提供できます。

私情・感情を含まない客観的データとご自身の肌感覚や経験則をすり合わせて、判断の精度を高めていきませんか?

判断の精度が高まることで、組織内で「ヒトの問題」は起こりづらくなります。

良好な人間関係を築けるようになるので、職場の雰囲気も前向きになり、働きがいと成果に繋がります。

もっと詳しい話が聞きたい、個別に話を聞いてほしいことがあるという方は、ぜひ無料オンライン相談(30分)をご利用くださいませ。

無料オンライン相談を申し込む

  • ※無料オンライン相談(新規企業限定/30分)は法人向けのサービスです。
  • ※個人の方は、
    個人向けセッション」をご利用ください。

活用例

  • 機能するチームをつくる

    「仕事ができない」原因は、個人の能力以上に「誰と働くか」という組み合わせが影響しています。
    診断を活用することで、パフォーマンスを発揮するメンバーの組み合わせを根拠を持って判断できるようになります。

  • 部下が育つ関わり方を知る

    適切な指示の出し方や仕事の任せ方は、部下により異なります。診断結果から細かい指示が必要なのか、上司の意図を汲み取れるかなどの仕事の傾向を把握することで、ひとりひとりに合った対応ができるようになります。

  • 適材適所で人材を配置する

    「できる」ことを基準に人材を配置しすると「向いていない」ことが原因でパフォーマンスが発揮できないことがあります。個性に合わせた適職とポジションで個人の能力を伸ばし、組織力が上がります。

  • 採用のミスマッチを防ぐ

    面接だけでは気づけない応募者の適性やコミュニケーションスタイル、ストレス耐性などを確認することで、採用後の「こんなはずじゃなかった」を防ぐことができます。
    当事務所では「接客力」「職務適性」に特化した診断テストを活用することも可能です。

  • メンタルヘルス対策に活かす

    定期的に診断することで、メンタル不調の兆しを事前にキャッチし、適切なケアができるようになります。
    またハラスメントの加害者になりやすい人も分かるので、コミュニケーションスタイルや叱り方の見直しを促し、組織課題に発展しないよう対処できます。

  • 人材育成に活かす

    診断を活用することでコミュニケーションスタイルに合わせた人材育成ができるようになります。
    「主体的な社員」「指示待ち社員」「自己主張が強い社員」「口数が少ない社員」などタイプ別に育成できますので、入社年度や役職別で行う育成よりも効果的です。

料金

料金

受検料 4,400円/人(税抜価格4,000円)
テキストによる総合解説 5,500円/人(税抜価格5,000円)
口頭による総合解説(オンライン)
5,500円/30分(税抜価格5,000円)
11,000円/60分(税抜価格10,000円)

※料金はすべて税込です。

※口頭による総合解説は、時間内であれば複数名の解説も承ります。なお1回あたりの上限時間は2時間までとさせていただきます。

※アドバイザリー契約または実務対応契約を締結している企業様は、特別割引が適用されます。

上記料金以外にご負担いただく費用

交通費、宿泊費(遠方で宿泊を伴う場合)、オンライン対応に関する通信料