コラム

2022年11月29日

最終更新:2022年11月29日

私の勝負曲【キャリコンサロン編集部】#84

毎週火曜日に更新している「キャリコンサロン編集部」noteマガジン。

今週のお題は「私の勝負曲」です。

勝負曲とは?

勝負曲とは何だろう。

絶対負けられない時に聞く曲なのか。

私を応援してくれる曲なのか。

はたまた何か違う定義があるのか。

自分の中で勝負曲の定義が定まらないままではありますが、勝手に「気分を上げてくれる応援ソング」と解釈し、3曲紹介します。

キミシダイ列車

1曲目はONE OK ROCKの「キミシダイ列車」(残業リファレンス収録曲)です。

「過去の自分が今僕の土台になる」

この歌詞が好きすぎて、聞くたびに背中を押され過ぎています。

ライブではイントロが流れただけでグッとくるほど大好きです。

何か気合いを入れたい時はもちろん聞きますが、落ち込んでいる時ほど勇気をもらいたくてリピート再生しています。

「完全感覚Dreamer」もオススメです。

ワンダフルデイズ

2曲目はONE☆DRAFTのワンダフルデイズ」です。

この曲はアニメ「銀魂」の主題歌ですが、私が知ったのは札幌ドームでした。

応援している北海道日本ハムファイターズの選手登場曲として流れてきたのです。

ワンダフルデイズは、2022年シーズンで引退を発表した杉谷拳士選手の登場曲。

ファンフェスティバルで行われた「前進セレモニー」でも流れましたが、清々しい解放感と同時に未来に繋がる道が見える感じがしました。

ちなみに1曲目に紹介したONE OK ROCKを好きになったのも選手登場曲がきっかけだったりもします。

野球を見にいてロックバンドを好きになる。

なかなか面白い体験だと思っています。

RUN

最後は推しの作品の中から選びます。

SexyZoneの「RUN」です。

我が推しである松島聡(そう)君が復帰する前にリリースされた曲なので作品には参加していませんが、復帰後に5人揃って歌唱した歌番組が忘れられません。

何か不安で立ち止まってしまいそうな時に聞くと、前進しようという意欲が沸き上がります。

それが1ミリの前進だったとしても、きっと自分だけの答えにたどり着くための一歩になる。

そう信じられる曲です。

聞くだけでテンションが上がる曲たち。

いつも背中を押してくれてありがとう。

noteの記事はこちら

このnoteは、キャリアコンサルタントコミュニティ「キャリコンサロン」が運営する「キャリコンサロン編集部」マガジンにも登録しています。

フォローやスキも大歓迎!

noteもぜひよろしくお願いします。


● プロフィール
● サービスメニュー
● お問い合わせ、お申込み


  • Twitterのアイコン
  • Facebookのアイコン
  • inのアイコン

2022年11月29日

最終更新:2022年11月29日

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント

2007年よりITベンチャー、人材ビジネス業界で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。2018年10月に寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。 現在は、組織人事及びキャリア領域で「組織の人間関係を読み解き、働きがいのある職場環境を整えること」に注力。多角的組織診断を活用した組織活性や採用・定着化、人材育成を中心に活動している。※支援企業:300社以上、対人支援:延べ7,200人以上の実績あり。

プロフィール詳細

アーカイブ