コラム

2020年2月5日

最終更新:2021.00.00

ストレングスファインダー「責任感」について考える

ストレングスファインダーについての記事を書き始めて5本目となりました。

「自分の強みについて考えてみよう」と始めたシリーズ記事ですが、想像以上に読んでくださる方が多く、会話のきっかけになったり、お仕事に繋がったりと反響に驚いています。

それくらい、ストレングスファインダーに注目している人が多いのだと実感もしました。

ストレングスファインダーとは、アメリカのギャラップ社が開発した「人の強みの元=才能」を見つけ出すツールで、Webサイト上で177個の質問に答えていくものです。

私の強みトップ5は「共感性」「個別化」「学習欲」「親密性」「責任感」

この中から今回の記事では「責任感」の観点から、自分のことを振り返ってみます。

★参考情報:「ストレングスファインダー」関する記事一覧

「責任感」の特徴

「責任感」とは、実行力の強みに分類されます。

「自分の責任範囲や役割を明確にして、それらを確実に果たしていく」のが特徴とのこと。

私はよく「責任感が強い」と言われることが多いのですが、それは「約束したことは守る」という気持ちが強いことに起因していると感じています。

「責任感」が上位の人は、自分がやるべきことをしっかり確認する傾向が強いようですが、私も何かを約束する時は「何のために」「何を」「いつまでに」「どのくらい」やるのかなど、細かくすり合わせしています。

それは、自分が求められていることをしっかりと把握して期待以上に応えたいという想いが強いからで、このことが「責任感」に通じているのかもしれません。

ちなみに「責任感」が上位の人は「自分ができないと判断したら断る」傾向もあるようですが、私はよほどのことがない限りは「出来る方法はないか」と考えることが多いです。

もしかすると最上位の「共感性」の影響しているのかもしれませんね。

あと基本的にルールや規則は守りますが、これも「責任感」の特徴のようです。

ただ、組織のマネジメントや人事をしていた時にルールや規則に違和感を覚えたり、変えた方が良いと判断した時は、すぐに動いていました。

何が何でも守り通すというわけではなく、より良い方法があるのであれば変えていく。

これも「責任感」のひとつの形だと思っています。

「べきべき星人」と指摘された過去

「責任感」上位の人と弱みとして「自分が正しい」「こうあるべきだと思い込む」という特徴があります。

かつての私は「べきべき星人」と友達に指摘されたこともあるくらい学生時代は、事あるごとに「〇〇すべき」と「べきべき」言っていた気がしています。

ただ、社会人になって多様な価値観に触れるようになってからは、その傾向は緩和されてきています。

とは言え、今でも「こうあるべき」という考えは無意識的に出てきているなと感じる場面も……。

例えば日常的な夫とのコミュニケーションです。

「私のあたり前は夫のあたり前ではなく、夫のあたり前は私のあたり前ではない」

このことに心底腹落ちするまで、1年かかりました。

全くタイプの違う両親に育てられた夫と私は、生活習慣もコミュニケーションの取り方も違っていたのですが、結婚当初の私は「自分が正しい」と思い込み、勝手にイライラしたり落ち込んだりしていたのです。

この気持ちを夫に伝えられたら悶々とすることもなかったのですが、ここでも「責任感」の特徴が出ていたのか、何でも自分で抱え込み、自分で気持ちの折り合いをつける「べき」だとここでも思い込んでいました。

夫に対して「べきべき星人」になることはなかったものの、私の中にある「こうあるべき」が強すぎましたね。

しかも厄介なことに折り合いをつけていたつもりでも、隠しきれない感情がじみ出ていたこともあったと思います。

今もたまに「べきべき星人」が現れることもありますが、「みんな違って、みんないい」と夫に対しても思えるようになっています。

仕事では「人それぞれ違いますよね」ということをお伝えしているのに、身近な家族で実践できていませんでした。

「責任感」とは少し話がずれてきていますが、「べきべき星人」は心がすり減り、疲弊するだけなので、卒業できてよかったなと感じています。

読者様限定「マンツーマンプログラム」申込受付中!

「共感性」×「個別化」の強みを活かした個人セッション。

そしてさらに「親密性」を加えた少人数ワークショップ。

いずれも「責任感」を発揮してご提供しているサービスですが、この記事をご覧いただいた方だけのマンツーマンプログラムをご用意することにしました!

「学習欲」で貪欲に学んできた専門知識(自己投資:累計12,000時間、1,000万円以上)と20年以上に渡る現場実践を掛け合わせた独自メソッドです。

実現したいキャリアを徹底サポートするマンツーマンプログラムで、さらにご自身の「自走力」を高め、主体的にキャリアを築いていく力を育成していきます。

プログラム開始前に実現したいゴールやご要望をしっかりとヒアリングさせていただいた後、双方合意の上でプログラムを決定。

お好きなタイミングからスタートしていただけます。

この機会にご自身のキャリアをじっくり見つめ直してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は「読者限定マンツーマンプログラム希望」と一言添えていただきますようお願いいたします。

プログラムの概要

実現したいキャリアを徹底サポートするマンツーマンプログラム】

■開始時期
 ご希望の開始時期に合わせていつからでも開始できます。

■対象者
 この記事をご覧いただいた方限定

■ご提供内容
 ・50分のオンラインセッション(月2回)
 ・チャットによるサポート(回数無制限)※返信は1日1回程度
 ・オンラインワークショップへご招待(3か月ごとに1回)

■料金
 月額33,000円(税込)

■最低契約月数
 3か月

■長期契約特典
 初回契約期間が6か月以上の場合は、月額27,500円(税込)でご提供いたします。

この他、現場実践をベースとした単発のカウンセリング・コーチングもリクエストに応じて対応しておりますので、興味がある方は、事前相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

個別のご事情や目的に合わせてご案内いたします。

お問い合わせの際は「読者限定マンツーマンプログラム希望」と一言添えていただきますようお願いいたします。


プロフィール
サービスメニュー
お問い合わせ、お申込み


2020年2月5日

最終更新:2021.00.00

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント/キャリアコンサルタント

2007年より民間企業で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。
外資系人材総合サービス会社、ITベンチャー企業出身。
2018年10月、寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。現在は人事制度構築や採用・定着化、人材育成などを中心に、組織人事及びキャリア領域を軸として活動している。
支援企業:150社以上、対人支援:延べ7,000人以上の実績あり。

プロフィール詳細