コラム

2021年11月16日

最終更新:2022年9月9日

読書の秋2021【キャリコンサロン編集部】#30

毎週火曜日に更新している「キャリコンサロン編集部」noteマガジン。

今週のお題は「読書の秋2021」です。

癒し本をご紹介!

読書と言えば、9月のお題「秋といえば〇〇」でキャリア・人事領域の本を10冊ご紹介していました。

そこで本記事は少しカジュアルに読める本、私にとって癒しの本をご紹介していきます。

小犬のこいぬ

まず1冊目は、北海道出身の著者「うかうか」さんの「小犬のこいぬ」です。

我が家には全巻あります。

何とも表現しがたい愛くるしさと、シュールなストーリー展開にハマってしまいました。

短編マンガでサクッと読めるのでリフレッシュになりますよ。

私は気持ちがちょっと落ち込んだり、イライラした時に読むと心が落ち着きます。

ネットメディアの連載もあるので、気になった方はぜひご覧ください。

こぐまのケーキ屋さん

2冊目は、カメントツさんの「こぐまのケーキ屋さん」です。

おちらも「こいぬ本」同様に短編マンガで、気軽に読み進めることができます。

「読むスイーツ」と言われていますので、特にスイーツ好きの人は楽しむ読み進めることができるのではないかと思います。

店長とこぐまの掛け合いにほっこりしますよ。

ねことじーちゃん

最後は映画にもなった「ねことじーちゃん」です。

妻に先立たれた大吉じいちゃんとねこのタマと物語。

日常のささやかな幸せや喜びをじっくり味わえる極上の1冊です。

自分の気持ちを見失った時や深く内省したい時に、この本を読むと心が柔軟になるような気がして、いつも助けられています。

きっと読む人によっても、読むタイミングによっても感じることが違う本だと思います。

読み返すほどは深みにハマる本ですよ。

ビジネス本を読むことが多いですが、ほっこりできるマンガがあると心が豊かになると実感しています。

noteの記事はこちら

このnoteは、キャリアコンサルタントコミュニティ「キャリコンサロン」が運営する「キャリコンサロン編集部」マガジンにも登録しています。

フォローやスキも大歓迎!

noteもぜひよろしくお願いします。


● プロフィール
● サービスメニュー
● お問い合わせ、お申込み


  • Twitterのアイコン
  • Facebookのアイコン
  • inのアイコン

2021年11月16日

最終更新:2022年9月9日

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント

2007年よりITベンチャー、人材ビジネス業界で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。2018年10月に寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。 現在は、組織人事及びキャリア領域で「組織の人間関係を読み解き、働きがいのある職場環境を整えること」に注力。多角的組織診断を活用した組織活性や採用・定着化、人材育成を中心に活動している。※支援企業:300社以上、対人支援:延べ7,200人以上の実績あり。

プロフィール詳細

アーカイブ