コラム

2020年12月5日

最終更新:2021.00.00

ストレングスファインダー「成長促進」について考える

「自分の強みは何だろう?」

周りの人の影響で興味を持ち始めたストレングスファインダーに関する記事も今回で9本目になりました。

ストレングスファインダーとは、アメリカのギャラップ社が開発した「人の強みの元=才能」を見つけ出すツールで、Webサイト上で177個の質問に答えていくものです。

会社員時代に受験した結果による私の強みトップ5は「共感性」「個別化」「学習欲」「親密性」「責任感」。

今回改めて個人事業主2年目の私が受験した結果は「戦略性」「最上志向」「成長促進」「共感性」「適応性」がトップ5でした。

あまりに変化があり過ぎてビックリしましたが、ギャラップ社認定ストレングスコーチのいわしたさん(@yumi_sf)ともお話しさせていただいたところ、少なからず環境変化の影響はあるようです。

せっかく出会えた新しい強みということでシリーズ記事を再開していますが、今回の記事では「成長促進」の観点から、自分のことを振り返ってみます。

★参考情報:「ストレングスファインダー」に関する記事一覧

「成長促進」の特徴

「成長促進」とは、人間関係構築力に分類されます。

「どんな人にも磨けば光る何かがあると信じて人と関わる」のが特徴とのこと。

「一人ひとりの歩みで成長できると信じている」ようで、その成長を信じて相手と関わりたい傾向が強いようです。

「人の成長が何よりも自分の喜び」となり、それをしっかり言葉として伝えることが得意。

「今できないことがあっても決して見放さない」という特徴もあるようで、常に人の可能性に目を向け信じることができるようなのですが、この点はとても共感できます。

私は「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉が好きで「目の前に起きたことは全てご縁ある出来事」と捉えるため、今できないだけでいつかはできるものだという根拠のない自信を持っています。

「人はいつからでも何度でも挑戦できる」という考えが根っこにあるのも影響しているのかもしれませんね。

失敗をプラスの側面で捉え、糧にできるのも「成長促進」ならではだと思います。

そして私の場合は「最上志向」も上位資質なため、その人の強みや得意なところに目を向け、それらをさらに伸ばす傾向が強いようです。

一方、「成長促進」の弱みが出てしまうのは「成長を諦めきれないところ」。

「きっと成長できる」と信じすぎて本当の強みを見失ってしまったり、必要以上に時間をかけてしまうことも。

ただ「最上志向」の上位資質を活かせているからか、間違った方向で育成をし続けるということはこれまであまりなかったかなとは振り返っています。

ちょっと違うなと思ったら柔軟に方向転換できるのは「適応性」の上位資質のおかげかもしれません。

未知の可能性をノックする

「成長促進」上位の人は「本人が気づいていない可能性をみつけ、その可能性を無限に広げてくれる」という特徴があります。

この特徴を知った時、お客様からよくいただく声を思い出しました。

「その観点では考えたことはなかった」

「そういう切り口は斬新。選択肢が広がった気がする」

「そんなこと今まで言われたことがなかったけど嬉しい」

このようなお声は「相手が気づいていない可能性に気づけていたからかな?」と知らないうちに「成長促進」の上位資質を活かせていたからかもと腹落ちしました。

私が相手の中にある未知の可能性をノックすることで、そこから一気に相手の思考が広がる瞬間はとてつもなくワクワク感に包まれます。

前に進む力の源は、自分の可能性を信じること。

その可能性を顕在化できれば、思考が具体化し、具体化すればするほど実現しやすくなります。

一歩踏み出すきっかけになりたい私にとって「成長促進」が上位資質であることは、私自身の励みにもなり、前に進む原動力となっています。

読者様限定「マンツーマンプログラム」申込受付中!

2020年7月より宮治の上位資質の強みを存分に活かした読者様限定のマンツーマンプログラムをご案内しております。

実現したいキャリアを徹底サポートするマンツーマンプログラムで、さらにご自身の「自走力」を高め、主体的にキャリアを築いていく力を育成していきます。

プログラム開始前に実現したいゴールやご要望をしっかりとヒアリングさせていただいた後、双方合意の上でプログラムを決定。

お好きなタイミングからスタートしていただけます。

この機会にご自身のキャリアをじっくり見つめ直してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は「読者限定マンツーマンプログラム希望」と一言添えていただきますようお願いいたします。

プログラムの概要

実現したいキャリアを徹底サポートするマンツーマンプログラム】

■開始時期
 ご希望の開始時期に合わせていつからでも開始できます。

■対象者
 この記事をご覧いただいた方限定

■ご提供内容
 ・50分のオンラインセッション(月2回)
 ・チャットによるサポート(回数無制限)※返信は1日1回程度
 ・オンラインワークショップへご招待(3か月ごとに1回)

■料金
 月額33,000円(税込)

■最低契約月数
 3か月

■長期契約特典
 初回契約期間が6か月以上の場合は、月額27,500円(税込)でご提供いたします。

この他、現場実践をベースとした単発のカウンセリング・コーチングもリクエストに応じて対応しておりますので、興味がある方は、事前相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

個別のご事情や目的に合わせてご案内いたします。

お問い合わせの際は「読者限定マンツーマンプログラム希望」と一言添えていただきますようお願いいたします。


プロフィール
サービスメニュー
お問い合わせ、お申込み


2020年12月5日

最終更新:2021.00.00

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント/キャリアコンサルタント

2007年より民間企業で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。
外資系人材総合サービス会社、ITベンチャー企業出身。
2018年10月、寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。現在は人事制度構築や採用・定着化、人材育成などを中心に、組織人事及びキャリア領域を軸として活動している。
支援企業:150社以上、対人支援:延べ7,000人以上の実績あり。

プロフィール詳細