宮治のこと

2022年5月17日

最終更新:2022年6月20日

家事の工夫【キャリコンサロン編集部】#56

毎週火曜日に更新中している「キャリコンサロン編集部」noteマガジン。

今週のお題は「家事の工夫」です。

家事に絶望すると断言された私

「結婚することにした」と、ある友達に報告した時に「家事に絶望しそうだね」と言われました。

一人暮らし経験なしで結婚前まで家事は母任せだった私。

家事に限らず基本的にめんどくさがりなんですよね。

家事をやる時間があるなら他のことがしたい気持ちが強かったこともあり、結婚1年目は生活リズムをつかむまでしんどかったです。

自分が切り盛りして家事をするようになって8年が経った今は、家事と上手に付き合えるようになってきたと思っています。

めんどうなことは変わらないですが、気持ちの折り合いをつけられるようになったからです。

特別に工夫していることはありませんが、家事のストレスを減らすコツをつかむことができてから楽になりました。

7割で良しとする

結婚1年目は、母を見習って毎日気合を入れて家事をしていました。

早起きをして2時間くらいだったかな……?

今思えば2時間のかからないボリュームなのですが、とにかく当時は不慣れで時間がかかったんですよね。

出勤前に家のことは終わらせようと、とにかく必死でした。

半年くらいは頑張れましたが、長続きはしないものですね。

段々朝起きるのが苦痛になり、ちょっとしたことでイライラすることが増えました。

家事をしている時間があるなら、こんなことしたい、あんなことしたいという気持ちも日増しに強くなって、発狂したこともあります。

気持ちのセルフコントロールは得意という自負もあったので、その自信も崩壊し、ダブルできつかったです。

そんな状況を抜け出せたのは、「家事に絶望しそうだね」と言った友達の新たな一言でした。

「手抜きしてみたら?」

本当に些細な言葉でサラッと言われた言葉でしたが、ハッとしたんですよね。

やらなきゃ、やらなきゃ、やらなきゃと義務感いっぱいになっていたのは、他でもなく私自身。

誰に求められたわけでもないのに、勝手に自分で自分を苦しめていました。

自分でつくった家事の基準も厳しすぎたと気づけたのです。

そこから少しずつ毎日→2日に1回→3日に1回というように頻度を減らしたり、週末にまとめられることはまとめたり、手抜きと効率化を意識して家事と向き合うことにしました。

最初はしんどかった反動もあって5割くらいの気持ちで家事をしていましたが、それでは気持ちよく生活する環境が維持できなかったので、紆余曲折合って今は「7割くらいできれば良し」というところに落ち着いています。

生活していれば埃は立つもの。

「完璧な状態をキープし続けることなんて無理じゃん」と悟ってから、気持ちが楽になりました。

自分のあたり前を押し付けない

めんどうな家事の中でも、私が興味を持って取り組めるのが料理です。

大学の頃から料理教室に通っていましたし、食べることが好きなので探求心も食に対する意欲も高い方だと思います。

でも残念ながら、好きなだけで抜群に上手なわけではない。

盛り付けも苦手で映えない。

ということで、そこまでテンションが上がる食卓を作れているわけではありませんが、手の込んだ料理を作ったり、食材にこだわっていたりしていた時期もありました。

が、今は完全に「時短&手軽」なものしか作っていません。

単純に料理をする時間が取れないというのもありますが、何の反応もないのに自己満足で作っていることがむなしくなってきたからです。

「毎食残さず食べてくれるだけでありがたいよね」と割り切れた瞬間があり、気持ちが軽くなりました。

子供の頃からあれこれ食事について話しながら食卓を囲む生活しか知らなかったので、結婚後も同じような反応を勝手に期待していたのだと思います。

食事の優先順位や重要度は人それぞれ違うと理解してからは、勝手に期待して勝手に落ち込むことはなくなりました。

相手に勝手に期待して勝手に落ち込むことは自分勝手でしかないので、この経験は仕事や友人関係でも教訓にしています。

家事に限らず、期待値コントロールは大切だと思います。

楽ちんサービスを活用する

最後に、ここ1年愛用している「三陸おのや」の魚の定期購入をご紹介します。

レンジで温めるだけで、美味しい魚が食べられる手軽さが最高です。

本当は煮付け系は湯煎した方がおいしいと思いますが、めんどうなので全部レンチン。

それでも十分おいしいので、和食を食べたい時にピッタリですよ。

家事は気負い過ぎないことが一番!

私は共同生活をするための仕事だと割り切っているので、家事をした日はご褒美スイーツを食べています。

例えば、Venchiのチョコ。

おいしい珈琲と一緒に食べれば、それだけで至福のひと時に。

家事をがんばったご褒美としてちょっぴり贅沢を楽しむことも、前向きに家事と向き合う工夫です。

noteの記事はこちら

このnoteは、キャリアコンサルタントコミュニティ「キャリコンサロン」が運営する「キャリコンサロン編集部」マガジンにも登録しています。

フォローやスキも大歓迎!

noteもぜひよろしくお願いします。


● プロフィール
● サービスメニュー
● お問い合わせ、お申込み


  • Twitterのアイコン
  • Facebookのアイコン
  • inのアイコン

2022年5月17日

最終更新:2022年6月20日

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント

2007年よりITベンチャー、人材ビジネス業界で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。2018年10月に寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。 現在は、組織人事及びキャリア領域で「組織の人間関係を読み解き、働きがいのある職場環境を整えること」に注力。多角的組織診断を活用した組織活性や採用・定着化、人材育成を中心に活動している。※支援企業:300社以上、対人支援:延べ7,200人以上の実績あり。

プロフィール詳細

アーカイブ