宮治のこと

2022年2月1日

最終更新:2022年9月7日

はじめて買ったCD【キャリコンサロン編集部】#41

毎週火曜日に更新している「キャリコンサロン編集部」noteマガジン。

今週のお題は「はじめて買ったCD」です。

誤認記憶も含まれたCDの歴史

私がはじめてお小遣いで買ったのは、中学2年生の時でした。

当時のことは漠然としていますが「友達が持っているから」という動機でテレビでよく流れていた曲をを買ったような……おぼろげな記憶があります。

心理学でいうところの「過誤記憶」も含まれていると思われますが、今の私が想い出せる記憶をたどっていくことにします。

ラブストーリーは突然に

なぜこのCDを買ったのかは全く思い出せませんが、はじめて買ったCDは小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」です。

当時の大人気ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌なので、流行に乗って買ったのかと思いつつ、このドラマは好んで見ていなかったので、購入動機には繋がらない気もしています。

それが大事

「ラブ・ストーリーは突然に」と近いタイミングで買った2枚のCDは大事MANブラザーズの「それが大事」です。

このCDを買ったのは、私が人生の中で札幌を離れていた3年間の最後の年で「春になったら札幌に戻るかも?」という話が出ていたタイミングでした。

せっかく慣れてきた環境を離れることへの不安があった時に、この曲の歌詞と背中を押してくれるようなメロディーに励まされたことは鮮明に覚えています。

確かこのCDと一緒に前年に発売されていたKANさんの「愛は勝つ」も買ったような……と、おぼろげながら思い出しました。

悲しみは雪のように

3枚目に買ったCDは浜田 省吾さんの「悲しみは雪のように」です。

こちらも人気ドラマ「愛という名のもとに」の主題歌で、「東京ラブストリー」と同じく鈴木保奈美さんが出演されているという共通点が!

ただ鈴木保奈美さんに特別な思い入れがあったわけでもないので、こちらの購入動機も謎のままです。

最後に

私がはじめてCDを買ってから31年が経ち、今では推しのCDしか買うことはなくなりました。

わざわざCDを買わなくても、Amazon MusicやYouTubeで音楽を楽しめているので、推し以外はそれで十分だからです。

この3年くらいでだいぶ手持ちのCDは手放しましたが、お洒落なパッケージとかだとCDというよりはインテリアとして飾ることもできるので、手放していません。

CD市場は厳しさを増していく傾向にあると思いますが、音楽以外の付加価値があれば、手元に置いておきたいと考える人が増えていくかもしれませんね。

最後に私が今もなお、唯一購入している推しSexy Zoneのベストアルバム「SZ1OTH」を紹介して締めたいと思います。

10周年の記念アルバムで、声変わり前の幼い曲から大人の雰囲気が漂うバキバキの全編英語曲まで幅広いラインナップです。

ぜひ1度聴いてみてくださいね。

noteの記事はこちら

このnoteは、キャリアコンサルタントコミュニティ「キャリコンサロン」が運営する「キャリコンサロン編集部」マガジンにも登録しています。

フォローやスキも大歓迎!

noteもぜひよろしくお願いします。


● プロフィール
● サービスメニュー
● お問い合わせ、お申込み


  • Twitterのアイコン
  • Facebookのアイコン
  • inのアイコン

2022年2月1日

最終更新:2022年9月7日

宮治 有希乃さんの写真

宮治 有希乃Miyaji, Yukino

組織人事コンサルタント

2007年よりITベンチャー、人材ビジネス業界で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。2018年10月に寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。 現在は、組織人事及びキャリア領域で「組織の人間関係を読み解き、働きがいのある職場環境を整えること」に注力。多角的組織診断を活用した組織活性や採用・定着化、人材育成を中心に活動している。※支援企業:300社以上、対人支援:延べ7,200人以上の実績あり。

プロフィール詳細

アーカイブ